TOP 製品情報 バリ取り仕上げ装置
バリ取り仕上げ装置
カスケードシステム
バリ取り仕上げ装置
特に中、大型部品の内外のバリ取りを特殊な大型振動台と研磨メディアの流れを組み合すことによって行う振動式のもので、バリ取りのほか、部品内部の油路等のクリーニングまで可能です。また、鋳造部品の鋳砂おとしとしても有効です。
加工原理
対象ワークを本機振動台のチャンバーボックス(治具)内に取り付けます。メディア(スチールポール)と洗浄液を滝状に連続してボックス内に供給しながら振動台を高速で振動させることにより、メディアがワーク外部表面はもとより、内部の交差穴等複雑な通路部すみずみまで入り込み、メディアとの衝突ネルギーにより、バリ取り、クリーニングを行います。 
特徴  
  • バリ取り、クリーニング、スケール、切粉、鋳砂除去
  • 部品内外面同時高速仕上げ
  • 均一で安定した仕上げ品質
  • 簡単操作で多数個同時処理可能
  • シンプル設計で無公害システム
用途例
  • 自動車、建設機械等のエンジン、空圧、油圧機器部品
    (バルブボディ、マニホールド、ミッションケース等)
  • ダイキャストケース
  • 各種機械加工部品、精密鋳造部品
   
    (※IEPC社より提供)
ROSDEM
独自で開発した強力な共振式振動台と従来の研磨メディアを用い、
部品内部及び外部のバリ取り、研磨を短時間で行う従来方式の
ものとは異なる新しい振動式のものとして開発したものです。