TOP 会社概要
会社概要
社     名
( 略  称 )
APCエアロスペシャルティ株式会社
(APC)
設     立 1957年12月
資本金 2億1000万円
本     社 〒101-0032
東京都千代田区岩本町一丁目8番15号
イトーピア岩本町一丁目ビル 5階
TEL:03-5820-1834 FAX:03-5820-1840
代表取締役社長 山下 一朗
従業員数 441名(2016年12月)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、大垣共立銀行
事業所
事業所
事業所名 所在地 連絡先
本社
〒101-0032 東京都千代田区岩本町一丁目8番15号イトーピア岩本町一丁目ビル 5階
 詳しい地図はこちらから
03-5820-1834 03-5820-1840
岐阜工場
〒509-0145 岐阜県各務原市鵜沼朝日町4-26
   詳しい地図はこちらから
058-370-5711 058-370-5745
各務原工場
〒509-0141 岐阜県各務原市鵜沼各務原町1-14-3
   詳しい地図はこちらから
058-379-1810 058-379-1820
山崎工場
〒504-0014 岐阜県各務原市那加山崎町43-8
   詳しい地図はこちらから
058-371-8197 058-380-3320
その他の事業所
府中特品部、町田作業所、相模作業所、平塚作業所、湘南作業所、杉田作業所、
宇都宮作業所、宇都宮南作業所、岐阜作業所、岐阜第一工作所、岐阜第二工作所、岐阜第三工作所、
半田工作所、名港工作所、伊勢作業所、垂井作業所、明石作業所、輸入部品検査所
沿革
1957年12月 東京都千代田区に航空規格梱包株式会社として設立
1962年2月 岐阜事務所を開設
1967年7月 社名を航空規格工業株式会社と改める
1968年3月 岐阜県各務原市に岐阜工場を建設
1969年11月 米国Anocut Engineering社から大型電解加工機(ECM)を導入
航空機エンジン部品の加工を開始
1970年4月 横浜ゴム株式会社と共同出資で鰹テ南アビックスを設立
海外との取引増加に伴い日本ECMエンジニアリング梶i潟Aドテク)を設立
1970年12月 包装技術試験機関として鞄結桾装試験所を設立
1979年4月 国内では初となる大型ECM(電解加工機)を航空機エンジンメーカーに納入
1981年9月 米国Hughes Aircraft社とアイソポッド(コンテナ)の技術提携を行い国産化を開始
1982年7月 海洋観察衛星1号「もも1号」用として衛星コンテナ初号機を納入
1983年5月 米国plastics Research社とFRPコンテナの技術提携を行い製造販売を開始
1983年8月 ECD(電解バリ取り機)を開発、初号機を自動車部品メーカーに納入
1986年3月 米国Aeroflex社と緩衝装置(ヘリカルアイソレータ)の技術提携を行い国産化を開始
1988年12月 生産増強のため岐阜工場隣接地に新工場第一別館建設
1990年3月 航空機エンジン部品Blisk加工用ECMを開発完了、航空機メーカーに納入
1990年7月 ECD(電解バリ取り機)韓国初号機納入
1994年9月 社名をエーピーシーエアロスペシャルティ株式会社(略称APC)と改める
1999年11月 JISZ9901(ISO9001)認証取得
2000年10月 生産増強のため工場第二別館を新設
2003年1月 スペインに大型ECM(電解加工機)を納入
2003年4月 第三別館を新設
2003年7月 JISQ9100、JISQ9001(ISO9001)認証取得  こちら から詳細をご覧いただけます
2006年7月 Nadcap(国際特殊工程認証システム)取得
2007年9月 新方式の振動バリ取り、研磨装置ROSDEM開発完了し販売開始
2008年8月 JISQ14001(ISO14001)認証取得 こちら から詳細をご覧いただけます
2008年12月 岐阜第二工場を建設
2010年12月 株式会社湘南アビックスを解散する
2011年2月 スラッジドライヤの取り扱い開始(同年5月環境展に出展)
2011年9月 本社移転(千代田区内神田から千代田区岩本町へ)
2012年2月 バリ取り仕上げ装置”ROSDEM”が第4回「ものづくり日本大賞」優秀賞を受賞
2012年4月 ロシアINDEC社とPECM(精密電解加工)機の販売契約締結
2012年10月 国内のみならず海外へ輸送される事も配慮しコンテナ内部に衛星の横転機構を備えた大型
衛星輸送用コンテナを納入する。
2013年4月 株式会社アドテクを吸収合併する。
2013年7月 社名をAPCエアロスペシャルティ株式会社と改める
2013年7月 岐阜第二工場を山崎工場と改める
2013年11月 各務原事務所を新設
2014年10月 各務原工場を新設
2015年6月 各務原工場に高機能大型塗装ブースを設置し稼働を開始する
2017年1月 株式会社東京包装試験所を吸収合併する